放射線治療で熱がこもる感じに おうちにある保冷剤を活用しよう

がん患者さんの日常生活を、正しい情報とつながりでサポートするSpeak(スピーク)の事務局です。今回は、放射線治療に保冷剤が気持ちいいお話です。

ケーキなどについてくる、小さな保冷剤がお役に立ちます

保冷剤は、放射線治療の後に患部に当てるだけ

放射線治療に行く時に、凍った保冷剤をハンカチなどに包んで持っていきます。この時期は溶けやすいので、タオルハンカチなど厚手のものでくるんでください。待ち時間が長そうな日は保冷バッグが良いかもしれませんが、カッチカチじゃなくても、少し溶けるくらいで大丈夫ですよ。
放射線治療がおわったら、ハンカチなどに包んだまま照射したところに当てて冷やします。冷やしすぎて痛くならない程度に、気持ちいい程度に冷やしてください。

水分補給もお忘れなく。

特に制限がなければ、冷たい飲み物やガリガリ君などの氷菓子もヒヤ〜っとしておすすめです。お腹を壊さない程度に、美味しい水分をとってください。

油性ペンで書いたマークを消さないようにご注意を

放射線をどこに当てるのか書いたマークを消さないようにご注意ください。濡れたタオルやハンカチでゴシゴシ拭くと、消えやすくなります。消えそうなときは、自分で書かずに放射線の先生に伝えてくださいね。

病院のがん相談支援センターでも、相談できます

自分の通う病院の看護師さんに聞いてみてください。そして、自分ならどれがいいかな?を選んで試してみて下さい。
関連記事

患者さん本人だけでなく、患者さんのご家族や近しい人も相談できる病院内の窓口を紹介します。相談は無料で、だれでも、何回でも相談することができます。受付時間内でしたらふらりと行くこともできますが、事前に電話やメールで予約をすると待ち時間なく相談[…]


専門家に聞いてみたいことを教えて下さい。
Speakでは、みなさんからの記事リクエストを募集しています。
下のリンクから質問をどうぞ。
https://forms.gle/EKmxsiX1wxatWTK58

>みんなで育てる がんと生きる日常生活を豊かにするコミュニティ「Speak 」

みんなで育てる がんと生きる日常生活を豊かにするコミュニティ「Speak 」

みんなが知りたいことと、聞いてみたいことをまとめて解決するコミュニティ。 がんと生きる人のための正しい情報へのアクセスをサポートし、支え合う仲間に出会えるつながりを提供します。

CTR IMG