がん治療と歯科受診 事前の歯科治療で痛みを防ごう

気分が落ち込んだり、抗がん剤治療の副作用で食欲が落ちやすい時期です。口内炎や虫歯を防いで、必要な量をしっかり食べたいですね。

気になる方は、抗がん剤治療の前に歯科受診をしてみてください。事前ケアをすることで、食べることに加えて、治療を最後まで予定通りに進められる可能性が上がります。

歯科受診した方がいいかどうか、どこに受診するのかわからない場合は、受診している病院で相談すると教えてくれます。

抗がん剤治療をする方へ、歯科受診のタイミングは大きく2つです。

  1. 歯が痛くなったとき
  2. 治療上必要なタイミング

1 がん治療中に歯が痛くなったら?

まず、がん治療を受けている病院に相談してください。痛みが酷い時は、痛み止めを飲んでいいのか、痛み止めの種類についても聞いてみると安心です。担当チームが丁寧に答えてくれます。

2 お薬の種類によって、歯科受診が必要な場合があります

まずは、歯や歯茎の治療のお話です。口の中の状態によっては、事前に歯科受診を勧められる場合があります。

  • 事前に虫歯治療や、感染の原因となる合わない入れ歯の調整、口腔カンジダの治療をしておくことで口のトラブルを減らして、予定通りに治療を最後まで続ける可能性が上がります。また、口をきれいにしておくことで、誤嚥性肺炎のリスクを下げる可能性があります。

 

2つ目は、お薬の副作用ケアの話です。治療しながら歯科受診が必要になる場合があります。自分のケースが当てはまるかも、と心配でしたら自分が受診している病院に相談してください。個別にネットで質問をするよりも確実です

  • 乳がん骨転移に対して使用する骨吸収抑制薬では、顎の骨が壊死する副作用があることがわかっています。合わない入れ歯、虫歯、抜歯などが原因になることがあります。事前の歯科治療と経過観察が大切です。
  • ホルモン剤を使用することで骨粗しょう症が進行することがあり、骨吸収抑制剤を使用する場合があります。その場合も歯科受診を勧められることがあります。

情報引用元

患者さんのための乳がん診療ガイドライン2019の内容をまとめました。詳細はこちらからご覧いただけます。

Q54.乳がんの薬物療法を行う際,どのようなときに歯科受診したほうがよいのでしょうか。

 


専門家に聞いてみたいことを教えて下さい。
Speakでは、みなさんからの記事リクエストを募集しています。
下のリンクから質問をどうぞ。
https://forms.gle/EKmxsiX1wxatWTK58

>みんなで育てる がんと生きる日常生活を豊かにするコミュニティ「Speak 」

みんなで育てる がんと生きる日常生活を豊かにするコミュニティ「Speak 」

みんなが知りたいことと、聞いてみたいことをまとめて解決するコミュニティ。 がんと生きる人のための正しい情報へのアクセスをサポートし、支え合う仲間に出会えるつながりを提供します。

CTR IMG