【やってみた】爪の変色をカバーするには何色がベスト?塗り方と選び方のコツまとめ

抗がん剤治療の中には、爪が根元から黒く変色するものがあります。色カバーの方法は看護師さんたちも教えてくれますが、実際のところはやってみないとわからないですよね。ということで、やってみました。

プロではなく大雑把な私が、いつもの調子で(あまり撮影を気にせず)塗った仕上がりですが、なかなかキレイに消えました。適当でもこの位は消えるのかと、仕上がりについてこちらも参考にして下さい。今回は、写真入りで方法とおすすめの色をご紹介します。この記事を最後まで読むのにかかる時間は約5分です。

1 最初に確認。爪の変色にマニュキアをつかっていいの?

答えはイエスです。割れたり傷があるとき、赤く腫れたり指先が熱を持っていて感染が疑われる場合は使わないでください。治療のガイドラインにも、爪の保湿とマニュキアは勧められるし、市販商品を使えることがかかれています。別の記事で詳しく解説しているので、こちらも併せてどうぞ。

Speak

抗がん剤の中には爪が黒ずむものがあります。自分も相手にも見えやすい場所なので、気になる方が多いです。でも、どうケアしたら…

2 実際に試してみました 色を塗ります

DAISOで買ってきた110円のピールオフマニキュアを使って、実際にどのくらい黒が消せるのかを試してみました。結論は、白ベース+マットな色、これがベストアンサーでした。

看護師さとう

ピールオフマニキュアについて、少し説明です。

マニュキアには、除光液が必要なタイプとお湯で落とせるタイプがあります。お湯で落とせるタイプをピールオフマニキュアといいます。これはお湯ではがせるのがいいところですが、お風呂に入ったり、お湯を使って洗い物をすると剥がれてしまいます。持ちはあまり良くないけれど、抗がん剤治療中でも使いやすいマニュキアです。最近ではプチプラでも買えるようになりました。

さて、実際にやってみましょう。まず材料を紹介します。


マニキュア5本とネイルチップです。


左から、1・2番はベース向きの白系。3・4番は上に重ねるピンクベージュとグレー系パープル。5番はパール系のマロンクリームです。
1・2・3・4番はお湯ではがせるピールオフマニキュアです。5番だけはリムーバーが必要なマニュキアです。ピールオフマニキュアの上に塗れば、お湯で一緒にはがせるので、上に重ねて使えます。

爪の変色をマジックで再現します


爪の変色のかわりに、裏側をマジックで黒く塗ります。

マニュキア1回目を塗ります。

1回目のマニュキアは、ベース色として爪の変色をカバーするのが目的です。ベースは真っ白のマニュキアが一番キレイにカバーできます。5色塗って比べてみましょう。


ピールオフマニキュアは、普通のマニュキアよりも水っぽいです。たっぷりめに塗りましょう。

番号別にベースを塗りました。色合いを見てください。各写真の一番下の爪は、爪の変色(マジック黒)を書いてありません。


1番は白。真っ白です。下から2枚めを見ると、爪の変色がだいぶ消えています。


2番めはクリームベージュ。これが一番消えませんでした。爪の変色がよく見えます。消え方は4番目。


ピンクベージュもベース色で爪の変色を消すには薄いです。消え方は3番目。


人気のくすみ系グレーパープル。2番めによく消えました。


パール入りのマロンクリーム。これは下地に使うと除光液が必要になるので、抗がん剤使用中はあまりおすすめできませんが、やはり普通のマニュキアはカバー力があります。

2回目を塗ります

2回目は好きな色を塗ってください。今回はベース色に使わなかった色を重ねていきます。1回目のベースに1番白いマニュキアを使ったものが一番キレイに消えています。それ以外は、やはり爪の変色がカバーできませんでした。


1番の白ベース+他の4色。とてもきれいに消えています。コレがベスト!


2番のクリームベージュをベース+他の4色。1回目のベース色で変色が消せていないので、どの色を上に塗っても変色が見えています。


3番のピンクベージュをベース+他の4色。これも変色が上手く消せませんでした。


4番のグレーパープルをベース+他の4色。だいぶ消えていますが、やはり少し見えます。

3 実際にやってみました お湯で剥がします

ベースに使った1・2・3・4番は、お湯で落とせるタイプ。実際にやってみると、ツルンときれいに剥がれました。卵の薄皮を剥くような手応えでした。これなら爪にやさしく落とせます。

50℃のお湯に3分間つけました


この2枚のネイルチップで実験します。
上は、1回目に1番白+2回目に5番パール入りマロンクリーム。2回目のマニュキアはお湯では落とせないタイプです。下は、1回目に1番白+2回目に4番グレーパープル。両方ともお湯で落とせるタイプです。
温めた陶器の食器に50℃のお湯を入れて、真ん中にネイルチップを沈めました。手を入れると温かいくらいです。

3分後、温度は46℃。ネイルチップを取り出して剥がします。

ピンセットで取り出して、剥がします。今回は実験なので、丁寧にピンセットで剥がしましたが、実際には爪で剥がれます。

取り出して水分を軽く取って剥がしました。卵の薄皮を剥ぐように少しずつはがせました。
 
この通り、きれいに剥がせました。大成功!

4 結論とまとめ

  1. ピールオフマニキュアはお湯できれいに落とせます。
  2. ピールオフマニキュアを下地に塗れば、普通のマニュキアも剥がせました。
  3. 爪の変色を一番キレイにカバーするのは白マニキュア
  4. ベージュやピンクは薄くて下地にはむかない
  5. プチプラのマニュキアも十分使えました!

5 参考

爪に変色が出やすいお薬は、フルオロウラシル、TS-1、カペシタビンなど5FU系の抗がん剤、アントラサイクリン系、ドセタキセル、パクリタキセルなどタキサン系の抗がん剤は爪に副作用がでやすいです。自分の使うお薬で爪に変化があるかどうかは、治療を受ける医療チームや担当薬剤師さんにご相談ください。

専門家に聞いてみたいことを教えて下さい。
Speakでは、みなさんからの記事リクエストを募集しています。
下のリンクから質問をどうぞ。
https://forms.gle/EKmxsiX1wxatWTK58

>みんなで育てる がんと生きる日常生活を豊かにするコミュニティ「Speak 」

みんなで育てる がんと生きる日常生活を豊かにするコミュニティ「Speak 」

みんなが知りたいことと、聞いてみたいことをまとめて解決するコミュニティ。 がんと生きる人のための正しい情報へのアクセスをサポートし、支え合う仲間に出会えるつながりを提供します。

CTR IMG